チューリップの球根掘り出し

IMGP0897

チューリップが咲き終わり球根を掘り起こしました。

スーパーで1つ30円で買った球根。去年の11月頃植えたやつですね。

そもそもチューリップって植えっぱなしにしてしまうとだんだん球根が小さくなり花が咲かなくなります。ですので花が咲き終わったら球根に栄養を行かせるために茎を地面ぎりぎりまでカットします。葉っぱは残します。光合成を行わせるためです。

葉っぱが枯れてくるといよいよ球根掘り出しです。

掘り出した球根は上の画像の通りです。一個の球根からこんなにたくさん分球していますね。

掘り出したら綺麗に土を取り乾燥させます。あまりに小さい球根は花が咲かないので捨ててしまいます。

スポンサーリンク

IMGP0955

こんな感じで沢山増えました。6個の球根から全部で18粒使えそうなのが出来ました。

使えそうな物の基準は親指と人差し指をくっつけて輪っかを作ります。その輪っかをすり抜けるようだとちょっと小さいかなと思います。まあやってみないとわかりませんので一部輪っかすり抜けてるものも残しています。この球根が咲くかどうかはまた来年。

球根は風通しの良い所に保管して(タマネギかなんかのネットがあると良い)11月頃また植えます。

スポンサーリンク
aaa

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする